• 乾癬の説明
  • 乾癬の治療法
  • 上手な付き合い方
  • 行動こそが、明日を変える。乾癬5アクション
  • 季節のレシピ

乾癬の治療について

乾癬の治療方法には、外用療法(塗り薬)、光線(紫外線)療法、内服療法(飲み薬)、注射療法(生物学的製剤による治療)の4種類がありますが、どの治療方法が適しているかは患者さんによって異なります。まずは、治療方法がどのように選択されるのかを知りましょう。

乾癬の発症には、表皮細胞の異常な増殖と、免疫の異常がかかわっていることが分かってきました。現在は、何らかのかたちで、細胞の増殖や免疫の異常に働きかける治療がおこなわれています。

乾癬の治療は、主に4つです。

  • 外用療法(塗り薬)
  • 光線(紫外線)療法
  • 内服療法(飲み薬)
  • 注射療法(生物学的製剤による治療)

乾癬治療の中心は外用療法であり、多くの方は塗り薬から治療を開始します。症状の進行にともない、光線療法、内服療法を用い、それでも十分な効果が得られない場合は、生物学的製剤による治療を行います。

また、かゆみがひどいときには、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などのかゆみ止めが用いられます。関節炎で痛みがひどいときには、痛み止めの塗り薬や湿布、飲み薬が使われることもあります。
皮膚科医は、患者さんの皮疹の範囲や状態、検査データなどから重症度(「重症度はどのように判定するのですか?」のページ参照)を判定し、各治療方法の長所と短所、副作用、患者さんの悩み・苦痛の程度、患者さんが置かれた状況(仕事の内容、周囲の人との人間関係など)を考慮した上で、治療方法を選択します。治療方法は単独で用いる場合やいくつかの方法を組み合わせる場合があります。

乾癬は皮膚の症状が気になり、夏場は薄着になれない、髪も切りにいけないなど、患者さんにとって精神面や社会活動に支障をきたすこともあります。
適切な治療を受けるためにも、症状や日常生活での不便など、疑問や悩みはすべて医師に伝えて、根気強く治療を続けることが重要です。

●医師が治療を選択する要因
医師が治療を選択する要因模式図

Janssen

©Janssen Pharmaceutiacal K.K. 2017 このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。 このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。

最終更新日: 2017年7月3日