• 乾癬の説明
  • 乾癬の治療法
  • 上手な付き合い方
  • 行動こそが、明日を変える。乾癬5アクション
  • 季節のレシピ

治療の組み合わせとは?

治療効果を高め、かつ、副作用のリスクを下げるために、複数の治療方法を組み合わせる方法です。組み合わせの方法にはコンビネーション療法とローテーション療法があり、患者さんの症状やライフスタイルなどに合わせて選択されます。

乾癬には多くの治療方法があり、患者さんの症状に応じて、皮膚科医が適切な治療方法を選びます。個々の治療方法には長所と短所がありますが、複数を組み合わせることで治療効果を高め、副作用のリスクを下げられる場合があります。

組み合わせの方法には、2つ以上の治療方法を同時に行う「コンビネーション療法」、複数の治療方法を期間ごとに切り換える「ローテーション療法」などがあります。

●コンビネーション療法
2つ以上の治療を同時に行う方法です。単独で用いる場合に比べて、効果が高まるだけでなく、薬の量や光線の照射量を減らすことができ、副作用が抑えられます。組み合わせとしては、外用薬+外用薬、外用薬+内服薬、外用薬+光線療法、内服薬+光線療法などがあります。

シークエンシャル療法模式図

コンビネーション療法のひとつとして、「シークエンシャル療法」があります。

これは、治療初期に効果の強い治療方法を用い、症状の改善に合わせて段階的に副作用の少ない治療へ移行する方法です。
できるだけ長期間、皮膚の良い状態を維持することを目的としています。
外用療法では、ステロイド外用薬で早期に寛解導入し、活性型ビタミンD3外用薬へ移行する方法がよく用いられます。具体的には、ステロイド外用薬と活性型ビタミンD3外用薬を朝晩、塗り分けることから始め、次に週末のみ同様の治療を行い、平日は活性型ビタミンD3外用薬のみ朝晩塗るという段階を経て、最終的に活性型ビタミンD3外用薬単独での治療をめざします。

●ローテーション療法
重症の乾癬の治療は、長期間に及びます。また、乾癬は再発することが多く、悪化しやすい病気なので、何度も繰り返し治療を受ける患者さんもいます。そのため、1つの治療方法だけを続けていると、副作用が現れる可能性が高くなります。

副作用のリスクを減らす方法として注目されているのが、ある治療を一定期間行った後、別の治療に切り替えていく「ローテーション療法」です。

例えばPUVA療法を半年行い、次にビタミンA誘導体を半年服用し、次にシクロスポリンを服用するというものです。
なお、類似した副作用が起こる可能性のある光線療法とシクロスポリンの服用は連続して行うことはありません。

ローテーション療法模式図

Janssen

©Janssen Pharmaceutiacal K.K. 2017 このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。 このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。

最終更新日: 2017年5月31日